夜が明けました

眠れない夜っていうかまあ眠れなかったんだけどそれは不眠的な意味ではなくスケジュール的な問題で、とはいえまた生活リズムがずれまくってしまった事実があるわけで………

これから家に帰って眠れるのか?という懸念と、また同居人とご飯の都合を合わせて買い物に出なきゃいけないという面倒さと、持ち帰りの仕事を片付けなければいけないという義務と、昨日教わったことを早く実践してみたいという焦燥。

あと、酒を飲んだのでお腹が痛いです。結構飲んだけどやっぱ強くなってるのかな?吐かないラインを見極められるようにはなってきたと思う。でも最近前後不覚になるまで酔うことがなくなって、大人になったなあと思う。まあそこまで飲んだら大抵吐くから、そういうことなんだけども。

 

同期が講義をサボる後輩に対して「親の金で学校行ってる奴は気楽でいいな」と毒づくのを見て、なんとも言えない気持ちになった。

その皮肉はもちろん正論だし、私もほぼ自力で4年間通った身ではあるけど、親の金のありがたみがわからない奴は一生わからないままでも別にいいだろう、というか、そんな悪役じみた介入をしてまで自分の苦労を以って若者に反省せしめるのはおじさんたちのやり方だよなあと、思うのでした。

尊敬されるならもっと賢いやり方があるよ。