クズの自覚

クズの自覚を持っていて、なおかつそれを直そうと努力している場合、無自覚で向上心のないクズよりもマシなのだろうか。

どちらもクズであることには変わりない。

人間というのはグラデーションだ。常に確固たる態度でいるわけでもない。

時間や場所によってもクズ度は変わるし、他者からの評価となると尚更だ。

結局クズであるという主観のもと、自分の判断でこれは良し、これはダメとその都度ジャッジを下していくしかないのである。

 

Twitterで某小説の組分け診断が流行った。

流れに乗ろうと設問に答えていて気づいたのだが、すべての設問に迷う余地がある。

私なら絶対にこうはしない、という選択肢がないのだ。

それはつまり、私なら絶対にこうする、という選択肢もないことを意味する。

ケースバイケースだろそれは、と感じる設問があまyりにも多い。

問題文の説明不足、定義不足にいちいち突っかかりたくなる。

遊びなんだから適当に答えればいいものを、30分近くかけて回答する羽目になった。

 

Twitterでの私は善人だ。

そう振る舞えているかどうかは別として、チャットで主人公気質のお人よしを演じていた流れで未だに偽善者をやっている形だ。

全部が嘘なわけではない。私の中にある善人部分を取り出しているだけだ。

先述の通り人間というのはグラデーションなので、クズな私の中にも正義感はある。熱い気持ちもある。人と人が仲良くしていれば嬉しいし、傷つけ合っていたら悲しい。

そんな善人部分だけで設問を答えるのは楽だし、望んでいた通りの答えも出るだろう。

しかしそれでは本当の組分けにはならない、と思ったらしい。

本当の本音で答えるとどうなるか試してみたくなった。

 

結果は打算的で狡猾な人間が集まるというあの寮だった。

 

ややショックな反面、どこか安堵した。

やっぱり私はこういう人間なんだと、客観的に言ってもらえた気がした。

別にその組分けに優劣があるわけではない。

それでも心のどこかで主人公の属するグループにいたかったという気持ちがあった。

そして、お前は別に主人公でもなんでもないんだよ、と証明してもらえたような気がした。

 

悪い部分だけを抜き出して本性と言いたがるのはなぜか、みたいな議題もあるわけだし、私が本音だと思って入力したのは「あえて私の悪い部分だけで選んだ」選択肢だということもある。

善人部分の私だけが私なわけではないように、心が荒んでいるときの私だけが私なわけでもない。

そういうニュートラルさを失わずにいたい。

とか言ってるからグラデーションの幅がどんどん広がっていっちゃうんだぜ。

 

 

クズの話どこいった?